≪ 京成バラ会会則 ≫

第1条  名称
 本会を、“京成バラ会”と称します。
 欧米文による名称は “KEISEI ROSE SOCIETY” とします。
第2条  事務所
 本会は事務所を、千葉市花見川区朝日ヶ丘4-34-8  山田 嘉子方に置きます。
第3条  目的
 本会は、ばらを楽しむ趣味の会であって、観賞、栽培、研究、普及活動を通じて文化の向上に寄与し、
 会員相互の親睦を深めることを目的とします。
第4条  事業
 本会は、下記の事業をおこないます。
1. ばらの展覧会、品評会の開催
2. ばらに関する講演会、講習会、見学会
3. ばらの栽培技術の研究、指導、及び普及
4. ばらの文化的、また文化史的研究と普及
5. 会報「薔薇の海」の発行、及び印刷物の配布
6. 国内の他のばら会、外国のばら会との交流
7. その他、本会の目的に沿うと認められる事業。
第5条  会員
 本会の会員は名誉会長、名誉会員、正会員、終身会員、法人会員、賛助会員をもって構成します。
 名誉会長は本会の会長を務められ、辞任後本会にて推薦された方と致します。
 名誉会員は、バラ界、並びに本会功労のあった方、その他、本会にて推薦する方とします。
 本会の会員には、会員証を交付します。

 平成24年2月 現在
 本会が発行する会報、配布する印刷物を受け取ることができます。入会の手続きについては、
 付則をもって定めます。
第6条  組織
 本会は、幹事若干名、および監査役1名からなる役員会(以下幹事会という)を置きます。
 幹事会は、会長1名、副会長1名または数名を幹事の中から互選により選出するものとします。
 新しい幹事は、幹事会が会員の中から選出するものとします。
 また会長、幹事会は、顧問若干名、監査役を委嘱することができます。
第7条  運営
 本会の運営は幹事会がおこないます。また、本会の事業年度は4月1日から翌年3月31日までとします。
第8条  会計
 本会の会計は、会費、入会金、寄付金、及び寄付された物品による収入をもって行います。
 また、会計年度は事業年度と同一の期間とします。
 会計の監査は監査役が行います。
 会費、入会金の額は、付則をもって定めます。
第9条  総会
 本会の定期総会は、会長が事業年度の始めにあったて召集します。また、会長は必要と認めた時には
 臨時総会を召集することができます。総会は、下記について審議を行うものとします。
1. 事業計画の承認案
2. 前年度会計報告の承認案
3. 役員名簿の承認案
4. 会則改正の承認案
5. その他、必要と認められる事項の承認案

~京成バラ会 会則 ・ 付則~


第1章  入会手続
 入会申込書に下記の事項を記入し、入会金、第一年分の会費添えて申し込むことにします。
 住所、氏名、電話番号、職業、紹介者氏名ばらの以外趣味、加入している他のばら会名。
第2章  会費
 会費、入会金の金額は下記の通りとします。
 会費  正会員   年額   3,000円
     終身会員   〃  100,000円
     法人会員   〃   10,000円
     入会金         500円
第3章  事務部
 会則第4条に上げた各事業を実施するにあたり、会則第6条の規定に基づき定めた幹事会に事業部を
 置きます。各事業部には幹事の互選により選出した事業部長を置きます。